鈴木知憲の 「あうと@ぷっと」

カテゴリ:ネットや広告など②( 8 )


ネット広告代理店の悪習

salyuの「to U」がすごい好きです。


ネット広告代理店の人々が“普通”の広告費を理解できない理由



社内のAさんとまったく同じことをタカヒロさんが書いていました。
※思わず、Aさんに電話をしてしまいました。
(Aさん、夜分遅くにすみません。。。)



本当にこの記事のとおりだと思います。

ネット広告の効果指標をCPCやCPAに設定し、
そこに頼りすぎた・甘えすぎたあまり、
広告代理店の本質を見失っているかもしれません。

今必要なのは獲得に対する施策ではなく、
それ以外の切り口が見えてくるのかもしれません。


そのためには、
本当の意味で「広告主」を知らなくてはいけないし、
じゃあ広告主が抱えている問題を解決するためにネットで何ができるのか、
ゆえに何を広告指標とするのか。


僕らは学ぶべきこと・知らなくてはいけないことが沢山ありますね。
(これはリスティングの管理画面を見ていてはわからないなぁ。)


普通の広告費を理解して、それを実現できれば、

ネット広告の市場も、
ネット広告代理店も、
ネット広告営業マンも、

成長できるんだろうなぁ。



まだおむつをつけている身分で、偉そうなこと書きましたが、
こういうことが僕も実現できるように、日々精進。
[PR]

by tomonorisuzuki | 2009-03-30 00:08 | ネットや広告など②

リターゲティング

社内でも、今何かと騒がれてます。

「リターゲティング」

これについて、書き残したいことが2つ。


①変化の潮流に対応する

リターゲティングの隆盛で、今後大切になってくるのは、
「クッキー」である。

http://g-yokai.com/2009/03/audience-science.phpでも、

うちの優秀なメディアの人間も最近熱く語っているので、
自分にもうつってきたのだが、
このクッキーを握ることが今後のネットプロモーションで大きな意味合いを持ってくる(と思う)
企業にとって、自社サイトに来訪したクッキーデータをどう生かすのかが大事になってくる(と思う)

このクッキーを元に、今後、ネットのプロモーションの幅は広がってくるでしょう。

あくまで広告代理店の考え方だけれども、
リスティング同様、クッキーが次世代のインフラ化する可能性がある。

かつてリスティングというインフラを抑えた代理店と、
そうではない代理店では、その後とっても苦労した。

彼らの差は、メール広告・バナー広告が主流だった時に、
時代の変化に対応できなかったということ。

インターネットの環境の変化は早い。
過去のケーススタディを決して無駄にしてはならないと思う。




ただ、



じゃあ、
「クッキーが大事になってくるんで入れさせてください」
なんて言ってたら、大目玉。


そこで、



②テクノロジーではなく、ソリューションを

じゃあどうしてクッキーを使うのか。
クライアントに対して、クッキーを入れることで、何が解決できるのか。

ということをしっかり伝えないことには、
単なるメディアの枠売りになってしまう。


タカヒロさんのhttp://www.mediologic.com/weblog/archives/001792.htmlに、

「リターゲティング」と「 leadback 」

という言葉が記載されている。

抜粋すると、
----
日本で普及している「リターゲティング」にあたる言葉は英語では「 lead back 」ともいう。

“もう一度ターゲティングする”という日本語ニュアンスのリターゲティングに対し、 lead back のニュアンスは、「きっかけをもう一度作る」とか「もう一度つれてくる」という感じ。

同じ広告商品であっても、lead back リードバック、って言った方が、広告主と消費者との蜜月を生み出すような感じが出る。「リターゲティング」だと、なんか「広告が追っかけてくる」って感じがして嫌な感じがするんだよね。
----

「きっかけをもう一度作る」

この観点で、クライアントと日本で言う「リターゲティング」の話ができると、
きっと、クライアントに価値ある話ができると思う。


追いかけることはあくまで手段。
そこで何ができるのか。



基本だけど、これが大事だと思う。
[PR]

by tomonorisuzuki | 2009-03-17 00:13 | ネットや広告など②

アポ電のコツ②

先日、今年入社の後輩から、


「アポ電で検索してみてください」


と言われました。

なんの話だと思いながらも、しぶしぶ検索してみる。


カチカチ、カチ。


う~ん、特に変わったこともなく。


なんなんだ?



しかし、検索結果をよく見てみると・・・




















おお。

俺のブログやw








なんと去年書いた記事が、
キーワード「アポ電」の検索結果の上位にw

------------------------------------------------------------------------
「アポ電のコツ」 2007.7.6
http://ktmblog.exblog.jp/5835229/
------------------------------------------------------------------------




ちょっと感動。

Yahoo! ⇒ 6位
Google ⇒ 4位


すごくない?
意味わからんがw
何故俺のブログ!?

まあ何はともあれ、
ボクのあの記事がユーザーに支持されているっていう評価だからいいか。




これに便乗して、SEO会社でも作るか。






さて、コレに関連して、アポ電のコツをここでも伝授。

以前の日記では、

「聞くのではなく、しゃべる」
というコンセプトで、

・自分が何をしたいのか
・それがお客様に有益なことなのか
・自分の利点

がコツですよーと紹介しました。




今回紹介するコツは、


「差別化」
「伝える」


です。


そんなすごいことではないですが、
この「差別化」「伝える」って本当に大事。


きちんと自分が何をしたくて、
どんなことを考えていて、
どんなメリットがあるのか、
をしっかり伝えられるようになったら、
この「差別化」「伝える」が必要。


例えば、
1フレーズ、
何か相手を「おっ」とか「何それ」と思わせるフレーズを使ったり、
他社との違い、他の営業マンとの違いを語ったり。

それをうまく伝えなければならない。
あんまり突拍子のないフレーズを使ったら、
その意味をうまく説明できる。

他社との違いをうまく簡略に相手に伝える。
「うちは他社と違い、●●を強みとしています。理由・内容としては3点です。1点は…」
みたいに。

また、相手が何か言ってきたり反応してきたことに対して、
「なんで相手はそんなことを言ってきたんだろう。」というバックグラウンドを理解して、
それに合わせた返しをする。





なかなか「差別化」は出来ても、「伝える」って難しいですよね。
こんなこと書いておいて、実は自分も出来ていないしw






はい。

まず、自分が頑張ります笑
[PR]

by tomonorisuzuki | 2008-05-31 17:31 | ネットや広告など②

電車内広告で見つけた

今日、移動中の半蔵門線の中でこんな電車内広告を見つけた。


--------------------------------------------------------------------------------
『明治学院大学』

新たなチャレンジ!YouTube に公式チャンネル開設

より多くの方にキャンバス情報を動画でお届けします
本学の新たな試みとしてYouTube日本版に公式チャンネルを開設しました。
大学Webサイトに掲載されているキャンバス紹介、模擬授業ダイジェストなど
リアルな動画コンテンツをYouTubeチャンネルからもご覧いただけます。
--------------------------------------------------------------------------------



今話題のYouTubeのチャンネルページです。

明治学院大学YouTubeチャンネルページ
a0071598_0391495.jpg



このチャンネルに動画を載せることで、
他の明治学院大学関連の動画やそれ以外の大学の動画などなど
色々な動画と関連付けがされ、
その動画を見ている人が明治学院大学の動画を知るようになるんですね。

ユーザーがあげた動画で自然と輪が広がっていく。
すごいスキームだ。


ターゲットは学生。
比較的暇がある人がよくYTを見る。

いいんじゃない?





大学も今の時代、こんな取り組みをしている。



僕らはもっとおもしろいことを考えられなければいけないんだなぁ。



P.S.

ボクのYTチャンネルですw
[PR]

by tomonorisuzuki | 2008-04-25 00:44 | ネットや広告など②

経験値ゼロ

お恥ずかしいお話ながら、


今日初めてチャットをしました。

チャットってすごいですね。


最近のチャットは、
文章だけではなく、
音声まで通信可能でびっくり。

さらに驚いたのは、
動画通信も可能だそうです。


もしかしたら、
これも広告に活用できるとのお話も。



いったいネットはどこに行くんでしょう。



いかんいかん。

それを考えて先を見越すのはボクらの仕事。

[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-04-04 22:08 | ネットや広告など②

ボクも動画配信

先輩の林さんに先日、ブログ上で動画を載せる方法を教えてもらいました。

Flip Clipというサイトなのですが、
無料でサービスを利用できるというのがユーザーとしては便利。

招待制ではないのですが、SNSっぽい側面も持つサイトです。


ボクもMIXIでも日記をつけているので、さっそくMIXIで使ってみました。

動画を携帯で撮ることが多いボクは、
元から「ブログで何とかこの動画を載せたい」という願望がありました。


それが叶って結構満足。




最近はとても便利になって、ますますユーザーの満足を満たしています。
まさにIT文明。

しかし都会に行って、
科学で整備しつくされた町並みやいろいろな最先端技術などを見ていると、
ふと思うことがある。


こんなに発達した世界もそれを超えるものが力を加えたら
きっと一瞬で消えちゃうんだろうな



それが科学の結晶であればあるほど思います。
科学が進むとその分不自由になる。

そんなとこでしょうか。

[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-02-04 05:13 | ネットや広告など②

広告に触れる@汐留 アド・ミュージアム東京

先日、社長の勧めで汐留にあるアド・ミュージアム東京に行ってまいりました。

a0071598_2252899.jpg

【写真1】アド・ミュージアムの入り口1

a0071598_2294676.jpg

【写真2】アド・ミュージアムの入り口2


前々から勧められていたのですが、なかなか都合がつかなかったのですが、
ようやく行けました。


入るとまず目に入るのは、
過去の有名広告コピーが流れているLEDウォール。

さっそく広告に触れる。



同じ階に広告図書館なるものもありました。

a0071598_2323267.jpg

【写真3】広告図書館 国内唯一の広告専門の図書館らしい


広告に関する書籍がたくさん置いてあり、貸し出しはしていないものの、
閲覧可能なので他のお客さんで読んでいる人もいました。


下の階に下りると、
そこにはグラフィックを感じるフロアが。

a0071598_237389.jpg

【写真4】アド・ミュージアムのB2 空間そのものがオシャレ


B2は広告の歴史を資料と共に見れるスペースがありました。
日本最古の広告は鎌倉時代のもので、
広告が広まったのは江戸時代からだそうです。

江戸時代の広告はマスメディアがなく、
看板とかチラシだとかが主な広告でした。

明治時代に入ると時代は文明開化。
広告も華やかになり、新聞の登場で新聞に広告を載せるようになりました。

大正・昭和は戦争の関係で広告は冬の時代へと突入しました。
戦後、テレビ放送や高度経済成長の影響で躍進。

そして昨今、IT社会が新たな広告の可能性を広げた。。。

といった歴史が展示されてました。


自分がとても気に入ったのが、
2006年の主要広告賞受賞作品を見れるスペースがあって、
2006年の大賞を受賞したライフカードのCMなどが流れていました。


このアド・ミュージアム、まさに広告の宝箱といったところでしょうか。



今回アド・ミュージアムに来て、
2つわかったこと・感じたことがありました。

1つは広告は昔も今も人々の生活のそばにあるもので、
時代背景が如実に表れているということ。

広告を見れば、その時代の背景がよくわかるし、
日々の生活において、重要なものですね。


もう1つは広告というものはとてもおもしろいもので、
人々を幸せにすることができる代物であるということ。

仕事をしていくと、この広告の良い部分を忘れがちになってしまう。

“広告で人を幸せに”

これができる仕事人になりたいと思った、アド・ミュージアム訪問でした。



追記:

a0071598_4155249.jpg

【写真5】アド・ミュージアムの一角


実はアド・ミュージアムって入館料タダなんです。
プラスこんなオシャレな空間なんでデートのもいいかも。


広告に興味がある人も、そうじゃない人も、行ってみるとなかなか楽しめますよ(´∀`)

[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-01-13 04:19 | ネットや広告など②

ピーマン

遅ればせながら、


あけましておめでとうございます!

今年は泥にまみれていこうと思います。
ヨロシクお願いします。




さて、このブログ、結構疎かでした。(すいません)

久々に更新します。


昨日(1/6)バイトをしていましたところ、
ピーマン100個くらい切っていてふとあることに気づきました。

a0071598_3582952.jpg



なんかキャラクターがいる。



じゃなくて


QRコード!!

a0071598_352722.jpg




まさかこんなところにまで。

最近よく見るQRコード。
どこにでもついてますよね。

ガム、マックのポテト、ビル、駅。。。
でもまさかピーマンにまで(笑)

やるなJA。


少しびっくりして、指切り落とすところでした。ふう。

[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-01-07 03:56 | ネットや広告など②