鈴木知憲の 「あうと@ぷっと」

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ジブリの絵職人 男鹿和雄展-トトロの森を描いた人。

今回、東京都現代美術館開催している、男鹿さんの展覧会に行ってまいりました。



ジブリの絵職人 男鹿和雄展-トトロの森を描いた人。
http://www.ntv.co.jp/oga/
a0071598_22105027.jpg




男鹿和雄さんとは、アニメーション美術監督・挿絵画家で、
スタジオジブリの作品の

「となりのトトロ」
「魔女の宅急便」
「紅の豚」
「耳をすませば」
「もののけ姫」
「ハウルの動く城」

や、

「はだしのゲン」
「ガンバの冒険」

などの美術、背景画に携わっている方です。



着くと、美術館なのに長蛇の列。
80分待ちだそうです。

それだけ、ジブリを、男鹿さんの描く背景画を好きな人がいるんだなと。


実際、ボクがジブリを好きなのは、あの世界観があります。
その世界観はあの美術から生まれているといっても過言ではない。



トトロが住んでいる森

キキがほうきで飛んでいる大空

聖司が雫に告白する朝焼けの丘

千尋が迷い込んだ不思議な街



とても引き込まれる魅力があります。
ボクはあのジブリの世界が大好きです。



展覧会でもその世界観が満載でした。
まるで三鷹のジブリの森のよう。

男鹿さんが書いた風景画がたくさん飾られています。
a0071598_21322617.jpg


みんな食い入るように見てます。

「この画は○○のシーンだね。」
「どうやってこんなキレイな画かいてるんだろうね。」

その全員がまるで、おもちゃを与えられた子どものように目をきらきらさせています。



風景画だけではなく、
トトロの大きなぬいぐるみが置いてあったり、
トトロの折り紙を折るスペースがあったり、
実際にその背景画が使われた映像が流れていたり、
ジブリを満喫できるものでした。
a0071598_21501616.jpg





男鹿さんが描く背景画は、
空想ではなく、ちゃんとモデルの風景があるそうです。

もののけ姫のシシ神が住む山は、白神山地。
サツキとメイの家は男鹿さんの親戚の家。
サツキとメイがトトロにつかまって飛ぶ時に見える畑の風景は、秋田県の扇町。

描く前に、その風景に何度も足を運んで、目に焼き付けるそうです。

しっかりイメージができる風景。
だからこそ、説得力がある画。



みなさんも人を納得させてしまう、
男鹿和雄さんの画を是非みに行ってみてください。
[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-07-29 21:53 | プライベート

デジタルの先にあるもの

このブログを書いているのには目的があります。

①なんでもない日常の中で、物事の見る目を養う
②しっかりアウトプットする
③自分を知ってもらう


これらの目的をブログを通して達成できればと思っています。



先日、インターン時代にアポを取ったお客様のところに行きました。

このお客様は話を伺って驚いたのですが、
意外なところでサムスルと縁があるお客様でした。

何かお手伝いができればと思っていたのですが
気が付けば3ヶ月ぶりの訪問。
(まったくダメダメです)

訪問を終え、お礼のメールをお客様にお送りすると、
しばらくして返信メールが。
(お礼メールは普通はあまり返信がないので、
この時点でかなり驚きました)

内容はこんなカンジでした。

「鈴木さんのブログ拝見しました。
素の部分が出ていて楽しく読ませていただきました。」










!!!








びっくりです。
名刺とメールの署名にブログのURLを入れているから当たり前なのですが、
お客様に読まれるなんてびっくりです。


でもびっくりよりも嬉しかったです。


ブログを読んでいただいたっていうのは、
ボクにわずかながら興味を持っていただいたということ。


激しく嬉しいです。


ブログ、書いててよかったなぁと。

人間、付き合いはまず興味を持ってもらうこと。

ボクはまだそのお客様のお役には立てていないですが、
これがまずは第一歩だと思います。
そして早くお客様のお役にたてるようになって、
共に成長縁を描いていければと思います。




今いろんな人がブログを書いています。
公人もブログを書いています。

ブログを見るとその人の違った一面が垣間見れます。
みんな知ってもらいたいんです。
みんな発信したいんです。


インターネットとかメールってなんて言うか冷たい部分がある。

でもその先にいるのは、
ぬくもりを持った人間。

デジタルだけど、コミュニケーション。



そんなことを感じた週末でした。
[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-07-08 21:00

アポ電のコツ★

久々の更新です。

忙しかったことを更新が滞っていた理由にしたくはないのですが、
最近は色々な問題にぶつかって、
なかなか大変でした。

しかし、
つらい中にもいいことはあるもので、




アポ電が少しずつうまくなってきました!




きっかけはお客様との食事会。


お客様とアポ電の話になった時、

『かかってきて嬉しくないアポ電』

の例を教えていただいたのですが、
それが見事に全てボクのアポ電と重なります。


一番良くないのは、

「ねほりはほり聞く」

らしいです。



それはそうですよね。
他人に自分の情報なんてあまり言いたくないもの。


それを聞いて、アポ電の仕方をすこし変えました。



「聞くのではなく、しゃべる」

・自分が何をしたいのか
・それがお客様に有益なことなのか
・自分(サムスル)の利点

これを意識してアポ電したら。。。




とれた!!!



アポ電で苦しんでる人、是非実践してみてください!!
[PR]

by tomonorisuzuki | 2007-07-06 20:14 | ビジネス